看板の面板素材につて・・・


今日は看板の表示面(以下、面板)の素材について少し書きます。

電飾看板(看板内に蛍光灯やLED照明がある看板)以外で使われる面板はアルミ複合板と言われる板が多く使われています。

以前は、亜鉛鉄板や電飾看板と同じアクリル板などが使われていましたが、アクリル板は重い、亜鉛鉄板は錆びるなどのデメリットがありました。

その点アルミ複合板は、軽くて錆びない、など多くのメリットがあります。

更に厚みも2mmから5mmで数種類用意されていた、上の写真のようにアルミ複合板単体でも十分看板として使えます。

とても軽いので、ある程度の大きさまでなら両面テープ(と言っても業務用のですが)で貼るだけでも落ちることはありません。

※大きさや取り付け面の状態によりビスで止める必要な場合もあります。

また、厚みもあるためアルミ複合板を文字の形に切って文字として使うこともあります。

粘着シートの文字(シールみたいな文字)よりは立体感が出せます。

このように様々な用途で使えるアルミ複合板、デメリットが見当たらないほどです。

未だに亜鉛鉄板を使っている看板を見かけますが、それはちょっと、どうかと思います。